彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 底地の売却は難しい?底地を上手に売却する方法とは

底地の売却は難しい?底地を上手に売却する方法とは

≪ 前へ|傾いた家でも売却できる?許容範囲や価格への影響を解説!   記事一覧
カテゴリ:不動産コラム

底地の売却は難しい?底地を上手に売却する方法とは

借地権のついている土地のことを、「底地」と言います。
名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような土地なのか、売却にどう影響するのかはわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、土地の売却を検討されている方に向けて、底地とは何か、底地を売却する方法などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前に知りたい「底地」とは

「底地(そこち)」とは、借地権がついた土地のことです。
わかりやすく言うと、人に貸すことで賃料を得ている土地のことで、「貸地(かしち)」とも呼ばれます。
たとえばAさんが所有する土地をBさんに貸した場合、Aさんにとってこの土地は貸地、Bさんにとっては借地です。
このときBさんが土地に建物を建てた場合、土地の所有権はAさんに、建物の所有権はBさんにあり、土地と建物の所有権はそれぞれが持ちます。
底地の所有者は、その土地を貸している相手から賃料を得られますが、いっぽうで固定資産税や都市計画税などの納税義務を負わなくてはなりません。

底地を売却するメリット・デメリットとは

底地は、所有していることで賃貸収入を得られるいっぽう、税金を支払い続ける義務が発生します。
そのため、底地の賃貸収入を得ていてもそこまで黒字にならないときには、底地を売却して現金化してしまうのも一つの方法です。
また、地主が亡くなり相続が起きると、問題が発生するケースも珍しくありません。
底地の相続人が一人であれば問題ありませんが、複数人いた場合には底地が共同名義となります。
共同名義の土地は売却するときにも所有者全員の同意が必要になり、扱いにくくなってしまうため、注意が必要です。
資産価値としての底地よりも現金のほうが使い勝手が良いため、あらかじめ売却しておくことをおすすめします。

底地を上手に売却する方法とは

底地を売却する相手を探すとき、最適な相手として底地を借りている借地人が挙げられます。
借地を買い取ることで、借地人は月々の賃料を支払う必要がありません。
底地を売却したいときには、借地権の更新で更新料が発生するタイミングなどに交渉することで、より売却の成功率が高まるでしょう。
またこのほかに、底地と借地権を権利交換してから売却するのも一つの方法です。
地主と借地人がそれぞれ持っている底地と借地権を一部交換することで、両者が完全所有権のある土地を持てます。
これにより、地主は底地の一部を普通の土地として売却でき、また借地人は土地を自由に使えるようになります。
地主、借地人の両者にとってメリットの大きい方法です。

まとめ

今回は、土地の売却を検討されている方に向けて、底地とは何か、底地を売却する方法などについてご紹介しました。
借地人のいる底地を売却するときには、売却する相手を慎重に選ぶことでメリットの大きい売却ができる可能性もあります。

丸三不動産は、お客様の資産である大切な不動産の売却を安心してお任せいただけるよう売却相談、住み替え相談などお客様の様々なご要望に真摯に取り組みます。

弊社は、彦根の丸三不動産です!


弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|傾いた家でも売却できる?許容範囲や価格への影響を解説!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る