彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 相続時におこなう遺産分割協議とは?トラブルやの対処方法について解説

相続時におこなう遺産分割協議とは?トラブルやの対処方法について解説

≪ 前へ|中古マンション売却は大変?売却の流れや大変な理由などをご紹介   記事一覧   不動産売却の必要書類とは?契約締結前に準備しておくべきものをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

相続時におこなう遺産分割協議とは?トラブルやの対処方法について解説

これから不動産を相続する方は、どのように遺産を分割したらいいかと悩む方がいらっしゃるかもしれません。
遺産を複数人で分ける場合には、遺産分割協議をおこなう必要があります。
今回は、遺産分割協議とはなにかと、トラブル事例やトラブルの対処方法について解説していきます。
ぜひ、ご参考になさってください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、共同相続人全員でどのように遺産を分けるかを話し合うことです。
誰がどれくらい遺産を相続するのかを決めるとき、遺言書があればその内容にしたがって分けることが多いです。
一方、遺言書がない場合には民法に従うことになります。
また、遺産分割協議の注意しなければならないことは、共同相続人全員が同意しなければ話し合いは終わらないことです。
誰か一人でも納得のいかない相続人がいれば、遺産分割協議で決まったことは無効になるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
家賃と住宅ローンを二重払いしている例と任意売却での解決策をご紹介!

遺産分割協議におけるトラブルについて

遺産分割協議でトラブルになりやすい例としては、相続を開始する前に、遺産を一部特別に受け取っていた方が居た場合は、揉めごとになる可能性があります。
どこまでが特別な受益の範囲なのかあいまいになると、話し合いがなかなか終わらないことが考えられますので注意しましょう。
また、遺産がきっちり等分できるものなら良いのですが、できないものなら分割方法でもトラブルになりやすいです。
そのほかにも、そもそも遺産がどれくらいの価値があるのかを決める評価方法についても相続人の意見が合わなければ協議は長引くでしょう。
前述したことより、後々のトラブルをなるべく防ぐために、遺言書を残してもらえるように促しをおこないましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に消費税はかかる?課税・非課税ケースや注意点を解説

遺産分割協議におけるトラブルの対処方法

遺産分割協議でトラブルを避けたいなら、協議をおこなう前に話し合いをしておくことが有効です。
実施に遺産分割協議が始まって揉めてしまった場合には、調停を申し込むのも一つの方法といえます。
相続時に遺言書がある場合には、適切に手続きをしてもらえるよう遺言執行者に頼むと安心です。

▼この記事も読まれています
離婚時に不動産を売却する際の注意点!財産分与をする前に知っておくべきこととは?

遺産分割協議とは

まとめ

遺産分割協議とは、共同相続人全員でどのように遺産を分けるかを話し合うことです。
共同相続人のなかで揉めないようにすることが大切ですが、それでもトラブルが起きないとは言いきれません。
そんな時は、調停を申し立てたり、遺言執行者に手続きを依頼したりして、第三者と連携するのも一つの方法です。
遺産分割協議が長引かず、全員がスッキリする形で相続を終わらせられるよう事前に遺言書の作成を促しましょう。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|中古マンション売却は大変?売却の流れや大変な理由などをご紹介   記事一覧   不動産売却の必要書類とは?契約締結前に準備しておくべきものをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る