彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における注意点とは?離婚や相続時に売却する際の注意点もご紹介

不動産売却における注意点とは?離婚や相続時に売却する際の注意点もご紹介

≪ 前へ|不動産売却の必要書類とは?契約締結前に準備しておくべきものをご紹介!   記事一覧   不動産売却における「購入申込書」とは?項目の見方・注意点もご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

不動産売却における注意点とは?離婚や相続時に売却する際の注意点もご紹介

不動産の売却は、大きな金額が動くだけでなく税金や手数料などもかかるため、損をしないように注意が必要です。
しかし、どのような点に注意すれば良いのか、分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、不動産売却での仲介と買取の違いや、離婚・相続で売却をおこなう場合の注意点についてご紹介します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


不動産売却での注意点!買取との契約の違い

不動産売却を売却する方法として、大きく分けて仲介と買取の2種類があります。
仲介が不動産会社へ仲介を依頼し、買い手を探す方法であるのに対し、買取は不動産会社が自ら買い取る方法です。
これにより、売却価格や手続きの期間なども異なります。
仲介の場合、売却価格は市場価格に近いものになりますが、買い手が見つかるまでに時間がかかることがあります。
一方で買取の場合は、不動産会社が買い取ってくれるため、買い手を見つける手間がかからず、すぐに現金化が可能です。
しかし、相場価格よりも低い価格での売却になるため、高値での売却はあまり期待できません。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

離婚で不動産売却する際の手順と注意点について

離婚で不動産売却をする場合、まずは財産分与と名義の確認が必要です。
財産分与では、名義は関係なく、結婚後に夫婦で協力して築いた資産が対象になります。
そのため、結婚後に購入した不動産を売却するのであれば、売却後の代金も財産分与に該当します。
なお、結婚前に購入した不動産でも、結婚後にローンの支払いをおこなっていた場合は、支払った分のみが対象になるため、確認しておきましょう。
また、不動産の売却は名義人しかおこなえないため、どちらが名義人になっているかも確認が必要です。
共有名義であった場合は、夫婦共同でなければ売却することができません。
不動産の名義人は、登記情報や不動産購入時の不動産売買契約書で確認することができます。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

相続した不動産を売却する際の正しい手順と注意事項について

相続した不動産を売却する際には、正しい手順と注意事項を知っておくことが重要です。
まず、遺産分割協議をおこない、相続人間で物件の所有権や売却の可否を決めます。
次に、法務局にて物件の所有者を変更する相続登記をおこないます。
相続した不動産を売却する場合も、所有権を変更しなければ売却ができないため、忘れずにおこないましょう。
最後に、不動産会社へ売却を依頼して、現金となれば相続人間で分割をします。
なお、相続不動産を売却する際は、相続税だけでなく登録免許税や印紙税、住民税などもかかるため、費用を準備しておく必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

不動産売却での注意点!買取との契約の違い

まとめ

不動産売却の方法は2種類あり、買取であればすぐに現金化ができますが、相場よりも低い価格での売却となります。
離婚で不動産を売却することになった場合は、財産分与に該当するのか、名義人は誰になっているのかを確認しましょう。
相続した不動産を売却する際は、登録免許税や印紙税などさまざまな費用がかかるため、準備しておく必要があります。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|不動産売却の必要書類とは?契約締結前に準備しておくべきものをご紹介!   記事一覧   不動産売却における「購入申込書」とは?項目の見方・注意点もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る