彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 「検査済証」がない不動産売却の方法とは?検査済証が重要な理由も解説!

「検査済証」がない不動産売却の方法とは?検査済証が重要な理由も解説!

≪ 前へ|根抵当権が付いた不動産売却の流れとは?注意点もご紹介!   記事一覧   売却における不動産査定書とは?見方・見るべきポイントもご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

「検査済証」がない不動産売却の方法とは?検査済証が重要な理由も解説!

不動産を売却する際には、検査済証が必要です。
検査済証とは、建物の耐震性や耐火性などの安全性を証明する書類です。
そこで今回は、検査済証とはなにか、その重要性とない場合の売却方法について解説します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


不動産売却において重要な役割を果たす「検査済証」とは

不動産売却において重要な「検査済証」は、建築基準法に基づき、建物の適切な構造や設備施工を証明する書類です。
検査済証は、建築確認申請書を提出し審査を経て発行され、買主に建物の品質や安全性を保証します。
検査済証がない場合、住宅ローンの借り入れや増改築が難しくなる可能性があります。
したがって、不動産売却前に検査済証を取得し、建築確認申請書と一緒に保管すると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

なぜ不動産売却で検査済証が重要?

不動産売却で検査済証が重要な理由は次の通りです。
まず、先述した通り、検査済証がない場合は住宅ローンの借り入れが難しいです。
検査済証がない不動産は違反建築物に該当するため、金融機関はトラブルを考慮し融資をおこなうことを避けます。
次に、検査済証がない場合は、違反建築物の責任が次の所有者に移ります。
つまり、買主が違反の責任を負うことになるため、自らリスクを負う購入希望者は現れにくいでしょう。
最後に、増築・用途変更ができないため、購入を懸念されます。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

検査済証がない不動産の売却方法

まず、検査済証を発行していないのか、紛失しただけなのか明確にしましょう。
紛失しただけの場合は、台帳記載事項証明書を発行すると検査済証の代わりとなり買主が見つかりやすくなります。
台帳記載事項証明書は、市役所で発行でき、検査済証の交付記録が記載されています。
次に、既存不適格建物であれば売却は可能です。
既存不適格建物とは、法律の改正前に建てられた建物を指し、違法検建築物には該当しません。
先ほどと同様に市役所へ出向き、「12条5項報告」を提出することで、検査済証と同等の証明を果たせます。
なお、12条5項報告の提出は、いくつかの書類が必要のため事前に確認するのがおすすめです。
このように、検査済証がない不動産であっても売却することは可能ですので、まずは検査済証発行の有無やいつ建築されたか確認しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

検査済証がない不動産の売却方法

まとめ

「検査済証」は、建築基準法に基づき、建物の適切な構造や設備施工を証明する書類で、買主に建物の品質や安全性を保証します。
検査済証がない場合は住宅ローンの借り入れが難しく、違反建築物の責任は次の所有者に移ります。
そして、検査済証がない場合は、台帳記載事項証明書か、12条5項報告を提出しましょう。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|根抵当権が付いた不動産売却の流れとは?注意点もご紹介!   記事一覧   売却における不動産査定書とは?見方・見るべきポイントもご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る