彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の物件資料とは?揃えたほうが良い理由を解説

不動産売却時の物件資料とは?揃えたほうが良い理由を解説

≪ 前へ|雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説   記事一覧
カテゴリ:不動産コラム

不動産売却時の物件資料とは?揃えたほうが良い理由を解説

不動産を売却する際、さまざまな書類が必要になります。
そのなかでも、物件資料をそろえておくと買主が見つかった際により売却しやすいです。
そこで今回は、物件資料とはどのようなものなのかと、あった方が良い資料、不動産売却時に必要な理由について解説していきます。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


物件資料とは?あった方が良い資料を解説

物件資料とはその物件の詳細情報が載った資料のことを指します。
不動産売却時には、さまざまな書類が必要になりますが、そのなかでも販売時のパンフレットや広告等も物件資料にあたります。
次に、地盤調査報告書も売却する際は用意しておいたほうが良いでしょう。
売却する物件の構造等を客観的に示すデータの書類で、買主にわかりやすく、物件選択の決め手になるケースが多いです。
さらに、インスペクション(建物状況調査)の結果報告書も用意するのも良いでしょう。
インスペクションとは、専門家による建物の調査のことです。
主に、柱や基礎、壁や屋根などの構造耐力上主要な部分や、外壁や開口部の雨水の侵入を防止する部分について、計測などの調査がおこなわれます。
インスペクションに合格することで、建物の一定の品質を証明でき、買主に安心感を与えることができるので売却しやすいです。
そして、インスペクションの合格を証明する書類は、既存住宅状況調査技術者(インスペクター)に調査依頼することで取得が可能で、費用としては5万円ほどになります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

不動産売却に物件資料は必要なのか

先述したように不動産売却時の物件資料はスムーズに売却をおこなうために必要な書類と言えます。
購入しようとしている不動産の情報が明確に揃っていたほうが、安心して買主も購入することができるでしょう。
また、物件資料は不動産売却時だけではなく、不動産売却後も役に立つことがあります。
不動産売却においては、売却後に何らかのトラブルが起きて、損害賠償を請求される可能性が無いとは言い切れません。
たとえば、そんな際にインスペクションをおこなっており、インスペクションの結果資料があれば、トラブルを防ぐことができるかもしれません。
このように、不動産売却時だけではなく、不動産売却後も物件資料はその効力を発揮してくれるため、用意できるのであればさまざま書類を用意したほうが良いです。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

不動産売却に物件資料は必要なのか

まとめ

不動産を売却する際は、物件資料を揃えておくことで売買をスムーズにおこなうことができるでしょう。
また、インスペクションをおこなうことで、希望価格で売却できることもあるので実施を検討してみてはいかがでしょうか。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る