彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産は入院中に売却できる?その方法を解説

不動産は入院中に売却できる?その方法を解説

≪ 前へ|不動産売却時の希望価格にこだわる理由は?売り出し価格の決め方も解説   記事一覧   雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

不動産は入院中に売却できる?その方法を解説

不動産の売却を検討しているが、所有者が入院中のため、退院するまで売却はできないと諦めている方もいらっしゃるかと思います。
ですが、実は、所有者が入院していても不動産の売却は可能なのです。
今回は、不動産の持ち主が入院中のときの、不動産売却をおこなう方法について解説します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


不動産所有者の自分が入院しながら不動産を売却する方法

冒頭でもご紹介したように、所有者である自分が入院しているときでも不動産を売却することができます。
不動産業者や買主に病室まで来てもらい、売買契約を無事に結ぶことができれば売却することができます。
また、容態によって契約を結ぶのが困難という方は、代理人に不動産売却を委任することで売却が可能になるんです。
基本的に家族や不動産会社、弁護士や友人など、誰を代理人にしても問題ありません。
しかし、不動産の売買では大金が動くため、信頼できる人を代理人として選ぶことが大切になります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

不動産所有者である親が入院しながら不動産を売却する方法

所有者の親が入院中の場合は、子どもに代理人を委任する方法や、不動産名義を子どもに移してから売却する方法があります。
子どもを代理人として不動産を売却する場合は、親子関係であるため安心して不動産売却をまかせることができるでしょう。
不動産名義を子どもに変更し売却する場合も、売却に親が関わるのは名義変更の時だけなので負担が少なく売却をおこなえます。
しかし、子どもに名義変更をして売却する際、ほかの相続人への確認もしておきましょう。
理由としては相続前に財産を譲渡しているように見えてしまう恐れがあり、トラブルになりかねないためです。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

不動産の所有者が認知症で入院中に不動産を売却する方法

売主が認知症で入院していたりする場合など、判断能力が不十分なときは、「成年後見制度」という制度を活用することができます。
成年後見制度とは、認知症などで判断能力や意思能力が不十分な方を、法律により、支援と保護することを目的とした制度のことです。
成年後見人の選任は家庭裁判所がおこない、選任された人に売却の権限などを与えます。
そのため、売主が認知症で入院しているときでも、法定後見制度を利用すれば不動産売却をおこなうことができるのです。
また、成年後見人には以下の2つの種類があるのでチェックしておきましょう。
法定後見制度
法定後見制度は、すでに認知症を発症しており、判断能力が不十分のときに家族が後見人の選任を家庭裁判所に申し立てます。
任意後見制度
判断能力に問題がない場合、本人が将来に備えて後見人を選び契約しておく。
どちらも、後見人は裁判所が選任することを覚えておきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

不動産の所有者が認知症で入院中に不動産を売却する方法

まとめ

不動産の所有者が、入院中の場合でも不動産を売却することはできます。
ですが、ケースによって名義変更の手続きや制度の利用を検討しなくてはならないので、早めに売却を進めることがポイントです。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|不動産売却時の希望価格にこだわる理由は?売り出し価格の決め方も解説   記事一覧   雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る