彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説

雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説

≪ 前へ|不動産は入院中に売却できる?その方法を解説   記事一覧   不動産売却時の物件資料とは?揃えたほうが良い理由を解説|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

雑種地の売却方法とは?雑種地の種類や地目の確認方法について解説

雑種地という言葉をご存知でしょうか?
土地には、田や畑、山林や牧場など22種類の地目が定められていますが、その中のどの土地にも該当しない23種類目の土地を雑種地といいます。
今回は、そんな雑種地の概要とその種類、地目を確認する方法と雑種地を売却する方法について解説していきます。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


雑種地とはなにか

冒頭でも説明したように地目は23種類あります。
その23種類ある土地の中の一つで、22種類の土地の中のいずれにも該当しない土地を23種類目の土地として雑種地というのです。
そんな雑種地ですが、家を建てる際は地目を宅地に変更してから、建築をおこなうのが一般的です。
また、地目を変更することができないケースや、変更手続きが難しいケースもあります。
そのため、自分で対応する前に、法務局へ地目の変更が可能かの確認をおこなったり、土地家屋調査士に地目変更登記の依頼をしたりしましょう。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

地目を確認する方法とは

地目を確認する主な方法は、法務居から登記事項証明書か登記事項要約書を取得し、記載されている登記記録を確認することが挙げられます。
取得方法ですが、法務局の窓口へ直接訪問するか、オンライン請求を利用するか選ぶことができます。
また、固定資産税や相続税を算出する基準となる、現況地目は固定資産税納付通知書で確認することができるので覚えておきましょう。
そのほかにも、土地がある場所まで出向き、目視で地目を確認する方法もあります。
出向いて確認する方法は、交通費がかかる場合が多いですが、隣地との境界や関係性、接道状況を見ることができ地目以外のことも確認することができます。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

雑種地を売却する方法

雑種地を売却する方法としては、主に以下の2種類が挙げられます。

●地目を雑種地から宅地に変更し、仲介会社を利用して売却する方法
●雑種地のまま買取を依頼して、売却する方法


先述したように地目が雑種地の場合は、地目を宅地に変更してから、建物を建てるのが一般的です。
そのため、仲介会社を利用しての売却は、地目を宅地に変更してから売却の依頼をおこなう点を覚えておきましょう。
また、売却したい土地が市街化調整区域にあり、雑種地の場合は、そもそも建物を建てることができません。
そのため、地目は雑種地のままで買取を依頼するほうがスムーズ売却を見込める場合があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

雑種地を売却する方法

まとめ

土地は、全文で23種類あり、そのなかの22種類の土地に当てはまらない23種類目の土地のことを雑種地といます。
雑種地だからといって、売却することができないわけではありませんので、地目の変更や買取などで売却をおこないましょう。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|不動産は入院中に売却できる?その方法を解説   記事一覧   不動産売却時の物件資料とは?揃えたほうが良い理由を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る