彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 家のひび割れは売却価格へ影響する?家を売却するコツも解説!

家のひび割れは売却価格へ影響する?家を売却するコツも解説!

≪ 前へ|失踪宣告とは?所有者が行方不明の不動産の売却方法を解説   記事一覧   浸水想定区域にある家を売却するためのポイントとは?売却額への影響も解説|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

家のひび割れは売却価格へ影響する?家を売却するコツも解説!

家のひび割れは売却価格へどう影響するのでしょうか。
また、売却するコツについて知りたい方も少なくないと思います。
そこで、今回は、家のひび割れによる影響、売却のコツ、家のひび割れを放置するリスクについて解説します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


家のひび割れによる売却価格への影響

家のひび割れが売却価格に与える影響は大きいです。
ただ、必ずしも売却価格に影響するわけではなく、ひび割れしている場所やひび割れの程度のよって異なります。
たとえば、基礎のひび割れが幅0.5㎜以上の場合は、相場の70%程度になるでしょう。
また、外壁のひび割れがひどい場合倒壊に繋がる恐れもあり、相場の80%~90%程度まで下がるとされています。
そして、内壁のひび割れは比較的売却価格への影響が少ないです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

ひび割れがある家を売却するコツ

まず、ひび割れの原因を明らかにし、それに基づいて修復計画を立てることが不可欠です。
買主は修復状況を知りたがりますので、修復の進捗状況や補強工事の有無を明示することが重要です。
また、専門家による定期的な点検や修繕をおこなうことで、ひび割れが再発しないように対策を講じることもポイントでしょう。
ひび割れは建物の安定性に関わる大事な問題であり、透明性をもって買主に情報を提供することが信頼構築につながります。
さらに、ホームインスペクションを実施して事前にひび割れを把握するのもおすすめです。
買主が購入後にひび割れを見つけると瑕疵と見なされる可能性があり、契約不適合責任を負うことになる可能性があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

家のひび割れを放置するリスク

家のひび割れを放置すると、構造的な問題を引き起こす可能性があります。
放置すればするほど修復が難しくなり、最悪の場合、建物の安全性が損なわれることも考えられるでしょう。
これは売却時に深刻な問題となり、売却価格への悪影響が大きくなります。
また、ひび割れが放置されると、その影響は徐々に拡大していくでしょう。
たとえば、家が倒壊したり、傾いたり、劣化したりと、さまざまなリスクが発生するため注意が必要です。
よって、ひび割れが見つかったら、早急に専門家に相談し、的確な修復計画を立てることが不可欠です。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

家のひび割れを放置するリスク

まとめ

家の日々割れは、必ずしも売却価格に影響するわけではなく、ひび割れしている場所やひび割れの程度によって異なります。
ひび割れがある家を売却するコツは、ホームインスペクションを実施したり、修繕をおこなったりします。
そして、ひび割れを放置すると、倒壊したり、傾いたり、劣化したりと、さまざまなリスクが発生するため注意が必要です。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|失踪宣告とは?所有者が行方不明の不動産の売却方法を解説   記事一覧   浸水想定区域にある家を売却するためのポイントとは?売却額への影響も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る