彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 火事があった家を売却したい!告知義務についてや売却するためのコツを解説

火事があった家を売却したい!告知義務についてや売却するためのコツを解説

≪ 前へ|水路に面している土地の売却方法とは?デメリットや注意点も解説!   記事一覧   固定資産税を滞納したらどうなる?売却の条件や方法の違いをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

火事があった家を売却したい!告知義務についてや売却するためのコツを解説

以前、火事のあった家を売却するとき、どんなことに注意すべきかご存知でしょうか?
また、売却価格はどのくらい下がるのかや、告知義務はどこまであるのかなど気になる点は多いかと思います。
そこで今回は、火事のあった家の売却価格への影響や告知義務、売却するときのコツについて解説します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


火事があった家の売却価格はどのくらい下がるのか

売却価格ですが、一般的には相場より20%~30%程度下がるとされていますが、火事の被害が大きければ大きいほど売却価格は下がるでしょう。
ただ、需要の高いエリアであれば土地の価格は下がりにくいといったこともあり、売却価格が大幅に下がる可能性は少なくはなります。
そのほかには、万一火事の被害のよって死者が出た場合は、50%程度も安くなるとされています。
死者が出た家は心理的瑕疵という特別な事情があるため、売却価格が大幅に左右されるのです。
家を解体すればいというわけではなく、心理的瑕疵は土地の価格にも影響がでる点は覚えておきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

火事があった家を売却するときに告知義務はある?

火事のあった家を売却するときには、告知義務があります。
告知義務とは、売主が買主に対して、物件の状態や欠陥などを正確に伝える義務のことです。
火事のあった家は、瑕疵(かし)と呼ばれる欠陥物件に該当します。
瑕疵とは、物件の価値などに影響を及ぼすような欠陥のことで、火事だけでなく、ボヤや水漏れなども含まれます。
告知しない場合は、買主から損害賠償や契約解除を求められる可能性もあるので注意が必要です。
また、火事のあった家は、リフォームや修繕をおこなっても、その履歴を告知する必要があります。
そして、心理的瑕疵についても告知義務があるので、死者が出て数十年経った場合でも告知義務を遵守しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

火事があった家を売却するコツ

火事があった家を売却するコツがいくつかあるので解説いたします。
まず、火災保険の適用範囲や補償額を確認しましょう。
物理的瑕疵があるとリフォームをおこなうケースが多く、火災保険は建物の解体費用や仮住まい費用なども補償してくれる場合があります。
次に、ホームインスペクションを受けましょう。
ホームインスペクションとは、専門家が建物の状態や欠陥を調査するサービスです。
火事のあった家は、見た目だけでなく、構造や設備にも問題がある可能性が高いです
最後に、売出し価格を決めましょう。
市場の相場や競合物件の価格を調べて、適正な価格帯を見つけることが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

火事があった家を売却するコツ

まとめ

火事があった家の売却価格は被害によって異なりますが、一般的には相場より20%~30%程度下がるとされています。
告知義務を怠ると、買主から損害賠償や契約解除を求められる可能性もあるので注意が必要です。
そして、火事があった家を売却するコツは、ホームインスペクションを受け、適切な価格を設定することです。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|水路に面している土地の売却方法とは?デメリットや注意点も解説!   記事一覧   固定資産税を滞納したらどうなる?売却の条件や方法の違いをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る