彦根市の不動産売却|丸三不動産商事株式会社 > 丸三不動産商事株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 水路に面している土地の売却方法とは?デメリットや注意点も解説!

水路に面している土地の売却方法とは?デメリットや注意点も解説!

≪ 前へ|浸水想定区域にある家を売却するためのポイントとは?売却額への影響も解説   記事一覧   火事があった家を売却したい!告知義務についてや売却するためのコツを解説|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

水路に面している土地の売却方法とは?デメリットや注意点も解説!

水路に面している土地は、景色が良くて魅力的に見えることが多いです。
しかし、水害のリスクや虫の被害など、デメリットも多いのです。
そこで今回は、水路に面している土地の売却を検討している方に向けて、デメリットや売却方法、注意点について解説します。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


水路に面している土地のデメリット

水路に面している土地は、一見魅力的に見えますが、実は多くの問題を抱えています。
まず、建築不可の可能性がある点です。
水路の幅や高さ、周辺の環境などによって、建築基準法の接道義務を満たしていないことも少なくないでしょう。
次に、軟弱地盤の可能性が高い点です。
水路に面している土地は、水分が多く含まれている可能性が高く、地盤が弱くなりやすいので注意しましょう。
最後に、浸水のリスクが高い点です。
水路に面している土地は水位の変動に影響されやすく、雨季や台風などの時期には水路から水があふれてくる恐れもあります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際の按分とは?方法や注意点を解説!

水路に面している土地の売却方法

まず、売却方法のひとつとして挙げられるのは居住用以外の用途で売り出す方法です。
たとえば、駐車場や物置など、そのエリアの需要に合った方法で売り出すと良いでしょう。
次に、水路の占用許可を取得して土地と水路の間に橋をかける方法もあります。
そうすることで、懸念されていた接道義務を満たすことができるでしょう。
しかし、接道義務を満たした場合でも建築条件が制限される可能性は高いので、事前に我々不動産会社に相談するのがおすすめです。
最後に、建築をせずに売り出す方法もあります。
ニーズは限られてしまいますが、建築をせずに売り出すことで橋をかかる費用を抑えることができます。

▼この記事も読まれています
不動産売却チラシのキャッチコピーとは?おすすめの文言例ご紹介!

水路に面している土地を売却するときの注意点

水面に面している土地を売却するときの注意点はいくつかあります。
まず、前章で解説した「水路の占用許可」を取得する必要があります。
橋がすでにかかっている場合は、水路の占用許可を取得済みかどうか売却前に確認するのがおすすめです。
また、告知義務を怠らないようにしましょう。
告知義務を怠ると、買主から損害賠償を請求される可能性があるので注意が必要です。
そして、水路に面している土地は、価格が下がりやすいということを覚えておきましょう。
必ずしも希望する価格で売り出せるわけではありません。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるオープンハウスとは?メリットとデメリットをご紹介!

水路に面している土地を売却するときの注意点

まとめ

水路に面している土地のデメリットは、建築不可の可能性があること、浸水のリスクが高いことなどです。
しかし、居住用以外の用途で売り出す方法や建築をせずに売り出す方法などがあるため、そのエリアの需要に合った方法を選びましょう。
そして、水面に面している土地を売却する際は、告知義務を怠らないことが重要です。
彦根市の不動産売却なら創業50年の丸三不動産商事株式会社にお任せください。
お客様に満足していただけるようなご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丸三不動産商事株式会社へのお問い合わせはこちら


丸三不動産商事株式会社の写真

丸三不動産商事株式会社 メディア編集部

丸三不動産商事株式会社は、彦根市を中心に近隣も含めたエリアで不動産売却や買取を行っている不動産会社です。地域密着の弊社がお客様のお役に立てるよう、ブログでも不動産情報を多数ご紹介しています。


≪ 前へ|浸水想定区域にある家を売却するためのポイントとは?売却額への影響も解説   記事一覧   火事があった家を売却したい!告知義務についてや売却するためのコツを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る